キレイゴトの世界では生きていけなくなってしまった

f:id:tureture30:20200411101055j:image

 

私はもともとキレイゴトの世界で生きていた、

キレイゴトの世界の住人だ。


だけれどもいくつかの出来事を経て、

徐々にその世界では生きていけなくなった。


「キレイゴトの世界」


綺麗で美しくて麗しい世界、

その世界はきっと愛で満ち溢れている。

無性の愛で満ち溢れている。

 

正しいことをしてうまくいけば褒めてくれるし、

間違ったことをしたらきちんと叱ってくれる。

 

いつも自分を気にかけてくれる人がいて、

何から何まで導いてくれる。

「正しいもの」と「間違ったもの」のことを、

1から10まで手取り足取り教えてくれる。

 

そんな、、、少し不自然な、

愛で満ち溢れている。


死ぬまでその世界で生きていけたならば、

どんなに幸せだろうか。

きっと「信じられる」ってことは才能なのだ。

私にはその才能はなかったのだろう。

 

「空っぽ」

 

自分の器を満たす作業を、

他の何かに任せっきりにしていたから、

それを「抜き」にしてしまうと、

中身は何も残らない。

 

自分の足で立って歩いて、

自分の頭で考えて、

自分の人生を生きる。

 

そうやって自分の器を満たしていくのだ。

その他に方法はない。

 

何かをフレームワークにして、

それを足がかりに器を広げていくのは構わないけれど、

器ばかり大きくなっても中身は空っぽ、

 

外見は立派なもの、

言うことは立派なこと、

一見すると素敵な人、

 

だけれどもそれは、

そう見えるだけで、

誰かの言葉で話して、

誰かの真似事をして生きているだけ、

 

行動の源泉は「誰かに認められたいという気持ち」

その物差しは「誰かの評価」だ。


「結局は好き嫌いなんだよ」


誰かの物差しを持ち出して、

それをもとに生きたとしても、

結局は権力者に気に入られるかどうか。

扱いにくい人間は正当に評価されない。


「報われない努力もある」


結果が出なくても、

周りが非協力的でも、

自分が頑張ればきっとうまくいく。

 

うまくいかなくても、

頑張って、頑張って、頑張り続ければ、

きっとうまくいく。


そうやって手足を動かし続けて、

心の燃料を使い果たして、

それに気がつくことなく動き続けて、

頑張っても、頑張っても、頑張っても、

どれだけ頑張ってもうまくいかない。


「まだまだ努力が足りない」って、

自分に言い聞かせて、

頑張って、頑張って、頑張り続けて、

最後は精魂尽きて動けなくなってしまう。

 

「それで何が残るの?」

 

それでも自分を認めてあげられるならば、

まだまだ見所があるのだろう。

 

「信じられる」って、

その才能の持ち主なのかもしれない。

 

だけれども私には無理だった。

いつからだろう。

 

「キレイゴトの世界では生きていけなくなってしまった」

 

だから私はその世界を捨てた。