違和感に敏感になるということ

f:id:tureture30:20200518063424j:image

 

何気ない日常における違和感、

それに気が付くことで視野が広がる。

そういう癖をつけることが大事、

そこからビジネスチャンスが広がるという。


そういう記事を読んで、

「なるほど」と思うと同時に、

それにも「違和感」を感じた。


敏感になりすぎると、

どうにも「生きづらい」と、

そう感じてしまう。


先日記事にした、

吉本ばななさんの『哀しい予感』

そのテーマは「知らなくていいことなど何一つない」


過去の傷と向き合ってそれを受け入れていく。

人生を先に進めるためにその作業の重要さを描いていた。


それってしんどいことだな。

つくづくそう感じる。


どちらかといえば、

「知らないほうが幸せなこともある」

私の考え方はそっちよりだ。


だけれどもそれって、

GLAYが『サバイバル』で歌うところの、

「極上のスパイス」を味わっていないことになるのかな。


私は臆病だ。


チャンスがあってもいざとなると、

一歩を踏み出せずにそれを逃してしまって、

傷ばかり増えていくことになる。


どうせ傷が増えるのならば、

一歩踏み出したほうがどれだけよかったか。

そう後悔したことは数えきれない。


だから「違和感に敏感になること」

そして「違和感に気が付いても自分の希望をかなえる強さを貫くこと」

それはセットで必要なことなのかもしれない。


敏感な人ほど臆病だ。

周りの気持ちや行く末を察知してしまうから、


チャンスって「はぐれメタル」みたいなもの、

考えを巡らせているうちに逃げてしまうのだ。


見つけたらイチかバチかの「魔人斬り」

別に外れたって逃げられるだけだ。

何もしなくても逃げられるならば、

行動を起こしたほうがいい。


「人の痛みに敏感なこと」


もともとは人の痛みに、

そして自分の痛みに鈍感だった私が、

ある出来事を境に手に入れたものの一つ、


それを大事にしながらも、

「チャンス」に対しては貪欲に、

そう生きていくしかない。

 

周りの幸せばかり考えて、

自分の幸せを蔑ろにしていたら、

自分だけが取り残されてしまうのだ。

 

自分の居場所は自分で確保するしかない。

 

運が良いとか悪いとか、

そういうことばかりに囚われているのって、

誰かのせいにして自分が楽をしようとしているだけ、


私の性質としては難しいことなのだけれども、

貪欲に向き合うしかないのかな。

 

どうも理性的に振る舞ってばかりいると、

自分の希望することまで分からなくなってしまう。

 

「違和感」

 

それってきっと、

自分の生き方にそぐわないから感じる物、

 

ダメで哀れで欲望に正直な自分、

その先にあるものがオブラートに包まない、

本当に自分の求めているものなのかな。

 

例えそれがどんなに醜いものだったとしても、