セルフハンディキャッピング

f:id:tureture30:20200907062432j:image

 

いわゆる「予防線を張る」というやつ、


「あまり勉強できなかったんだよねー」だとか、

「これ苦手なやつやー」だとか、

「私バカだから」だとか、


失敗したときになるべく傷つかないように、

あらかじめ「うまくいかなくても仕方がない」って、

そんな理由を用意しておくのだ。


とても一般的な自己防衛手段だ。

気が付くと私もしていることがある。


だけれどもこれって、

「なにがなんでもやる」って、

大事な時に持つべきそんな覚悟、


それを阻害することにならないのかな。


私の場合は、

「私の恋愛がうまくいくはずがない」って、

「結婚できなくても仕方がない」って、

「今まで経験を積んでこなかったのだから」って、

基本的にはそう考えている。


去年はガムシャラに動いたけれど、

15人ほどと会って、

先に進みたいと思える人とは一人しか会えなかった。


そしてその人とは、

毎日メッセージをやりとりして、

向こうから電話までかかってきて、

デートでは手をつないて、


「うまくいっている」

私はそう思っていたけれど、

突然の「ごめんなさい」

キープされていただけだったのだ。


他にも、

マリッジブルーの寂しさ埋め合わせ要員」にされたり、

コミュニティ内で二股をかけられたり、

ここ4年ほどでたくさん傷ついた。


「セルフハンディキャッピング」


だからそれらを「予防線」にして、

「私の恋愛はうまくいくはずがない」って、

基本的にはそう思っている。


だからアプローチのようなものを受けても、

余程私の気持ちが固まらなければ動かないし、

そのくせ、それに悶々としながら生きている。


女性から「確かな言葉」はくれないのだ。

ずるいよ。


結局、

私は関係を先に進めたくないのかもしれないな。


「現状維持」に「慣性の法則」が働いて、

なかなかそこから抜け出すことができない。


「セルフハンディキャッピング」


体のいい言い訳だ。


変にアプローチをされる機会が多かったものだから、

理想ばかりが高くなって、

心が動かなくなっているのだ。


私は私を傷つけないために、

いつだって「予防線」を張りながら生きている。

それでいて悶々としているのだ。


どうしてこうなってしまったんだろうね。


何とも惨めで、

何とも浅ましい。


「きっと前世で酷い女遊びでもした報い」なのだ。

だから今回の人生はそういう人生なのかな。


そうやって「前世」に理由を求めることもまた、

「セルフハンディキャッピング」なのだ。