「ステップアップ」のチャンスから逃げたときに感じる「安堵」

f:id:tureture30:20210429094058j:image

 

「チャンス」が転がってきた時に、

その「チャンス」を目の前にして先に進むことができなかったのに、

「悔しい思い」よりも「安堵の気持ち」が勝る。


私にはそういう経験が何度かある。


もちろん臆病な気持ちが顔を出して、

先に進むことを躊躇した結果なのだろうけれど、

「希望」していたことなのに、それが手に入らずに安堵する。


「私の人生がうまくいくはずがない」って、

私は根っからのペシミストなのだろうか。


よく覚えているのは転職活動をしていた時のこと、


高倍率を突破して、希望していた企業から最終面接の通知が来た。

 

しかし、その日はどうしても仕事を休むことができず、

企業に何とか日程を変更してもらえないかと頼むも、

「他の候補者は全てその日を了承している」との理由から、

それが受け入れられることはなかった。


結果として私は、離れようとしている現職に義理立てする形で、

そのチャンスをふいにすることになる。


だけれども、その時にどこか「安堵」を感じていた。


最終面接に臨み「不採用」のレッテルを貼られることを恐れていたのか。

それとも環境が変わること自体を恐れていたのか。


それはわからないけれど、

望む将来に向けてのチャンスを失って「安堵」していたことは確かだ。


このような経験は一度や二度ではない。

こと、恋愛についてはいつも同じような気持ちになる。


うまくいきそうな女性との出会いを重ねていくうちに、

どこか不安な気持ちが生まれてくる。

一応は望む形にもっていこうとアプローチを続けるも、

うまくいかなくなると途端に「安堵」が顔を出す。


「私は女性との将来を希望していなかったのか」

 

何度も自問自答するけれど、

どのような切り口で考えてみても、

私はそのことを希望しているし、

それに向けて努力を重ねていた。


婚活で唯一、心惹かれた女性とうまくいかなかった時も、

同じように「安堵」が顔を出した。


そのたびに私は「不思議な気持ち」になるのだ。


例え望む将来であっても、

人は環境の変化にストレスを感じる。


私は「ライフステージを進めたい」と願っているくせに、

変化を恐れているのだろうか。


「何が何でも」という気持ちがない。

「良いところまでいくのにうまくいかない」


もちろん掴み取ったものもあるけれど、

これまでの私の人生はそういうことが多かった。


もしかしたら「うまくいかなくても仕方がない」って予防線を張っているうちに、

その予防線のほうに気持ちが引っ張られてしまうのかな。


ダメージを軽減するために、

うまくいかなかった時のことばかり先読みしているうちに、

そちらのルートに乗っかってしまうのかな。


そうやって「うまくいかない自分」に浸ることで、

悲劇の主人公という「居場所」を求めているのだ。


環境は何も変わらなくても「居場所」を手にすることができる。

「頑張ったアピール」までできるおまけつきだ。


私はそうやって先に進むつもりもないくせに、

「頑張ったけどダメだった自分」を演出して、

「臆病な自分」に気が付かないふりをしているのだ。


いつだって選ばれない。

それは私が私に期待していないのだから当たり前のこと、


何となく印象は良さそうだからって、

最後の数人に選ばれることはあっても、

最後の一人に選ばれることはないのだ。


私が選ぶ方だったとしても私のことを選ばないだろう。

 

私が良いところまで行ってうまくいかないのは、

偶然ではなく必然なのだ。

 

何とも厄介な性質を持ってしまった。

手放すためにはハナから諦めるしかないのだろうか。

それとも、うまくいくまでやり続けるしかないのだろうか。

 

私は私の人生に期待しているのだろうか。

それとも、これ以上先に進みたくないと思っているのだろうか。

 

一生、独り身でいた方がリスクは少ない。

苦手分野に挑戦する必要もない。

だけれども、欠落感を感じながら生き続けることになる。

 

自分が何を望んでいるのかわからないな。