話題のアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」について思うこと

f:id:tureture30:20210212074751j:image

 

最近よく目にするようになったアプリ、

気になったので調べてみた。


機能

・roomと呼ばれるグループ内で音声やチャットでのやり取りができる。

・完全招待制で招待されないとアプリ自体を起動できない。

・「音声の記録」は禁止されている。

・現在はiOSのみ対応している。


アプリを立ち上げると[room]と呼ばれるコミュニティが表示され、

そこに入ることでそこでの会話を聴講できるようだ。


[挙手]をして主催者に承認されれば、

自分も会話に参加できるらしい。


著名人の参加が増えているらしく、

そのオフレコのない「生の声」を聴けることで、

人気を博しているようだ。


著名人からすれば、

今の世の中はすぐに「炎上」するから、

ある種「閉鎖された空間での自由な発信源」として、

需要があるのかもしれない。


「完全招待制」と言うのがまた拍車をかける。

「特別感」の演出にうまく寄与しているのだろう。


だけれども外部機能や媒体を用いれば、

録音も文字の記録も容易にできるはず、


スクショを撮られたり、

音声を別の機器で録音されたら防ぎようがない。


「閉鎖空間」を演出していても、

結局は「閉鎖されてはいない」のだ。


なにやら「FaceBook」勃興の頃に似ているけれど、

人はインターネット空間における「虚構」に辟易して、

その中に「リアル」を求めているのかな。


だけれども、

それも所詮は「虚構」なのかもしれない。


「婚活」をしていて感じたけれど、

文字や音声でのやり取りと、

実際に会った印象では180°とは言わなくても、

135°くらい違うことは珍しくない。


人類はオンラインに生活のリソースを移した結果、

そこで「見られること」を意識するあまり、

「自分を飾る術」を身につけたのだ。


これを書いている私だって、

実際のところどこの誰かもわからない。


既婚で不倫を繰り返す「ゲス男」かもしれないし、

「処女こじらせ女」かもしれない。

 

詰まるところ、

「話半分」くらいがちょうどいいのだ。


だけれども、

ある程度の分量の記事を読んでいると、

その文章から「人となり」は見えてくる。


オンライン上での「設定」や「容姿」はともかく、

「こういう人なんだろうな」って、

そういうものが見えてくる。

 

経験上、

そういう印象は会ってからもあまり変わらないもの、


「設定」や「容姿」に縛られていると、

本質を見失ってしまう。

人間そんなにかっこいいところばかりではないのだ。


忘れてしまいがちだけれども、

基本的に人はオンライン上には、

良い面ばかりをアップする。

 

承認欲求を満たすことが目的だからだ。

実名を出していれば尚更だ。

 

それを認識した上で付き合っていく。

そういう「リテラシー」が、

ネット上の付き合いでは必要なんじゃないのかな。


「Clubhouse(クラブハウス)」


イベントは中止が相次ぎ、

自粛を余儀なくされているものだから、

うまいことオンライン上の「リアル」という需要に刺さりそうだ。

これからどんどん勢力を伸ばしていくのかな。

 

だけれども、

そういう便利なツールとは、

節度を持った付き合い方だけは忘れてはならない。