コスパ

f:id:tureture30:20190722071119j:image

 

私は人よりコストパフォーマンスを気にする質、


価値判断の基準として、

とても好んでそれを用いる。


安くて美味しいお店、

服にしても、家電にしても、

もしかしたら人付き合いにしても、


だけれどもそれに当てはまらないものがある。

それは「経験」というもの、


高くて美味しくないお店に行った。

それも「経験」


うまくいかない恋愛にお金を費やした。

それも「経験」


その「経験」から、

何を学んで次に活かすのか。


それさえしっかりと出来ていれば、

無駄に思えた「経験」でも、

十分にコスパのいいものになる。


結局は心の持ちようなのだ。


コスパのいいものばかりに囲まれた人生、


それに満足して生きていたって、

いつしかそれが当たり前になってしまう。


コスパの基準が上がってしまうのだ。


そういう「経験」ばかりしていると、


「無駄なことはしない」だとか、

「これをしても意味がない」だとか、

決めつけるようになってしまう。


コスパは大事、


だけれども、

心を震わせるような経験、

それも大事、


思いもよらぬところから、

最愛の伴侶を得たりだとか、


信じていた人から、

まさかの裏切りにあっただとか、


人生ってどう転ぶかわからない。


それならば、

心を震わせることを恐れずに、


目一杯、

喜んで、悲しんで、

楽しんで、苦しんで、


そういうことも人生に織り込んで、

生きていけばいい。


コスパが悪いから」

そんな理由だけで行動を起こさない。


そういうことはもう止めよう。