ひまわり

f:id:tureture30:20190728084112j:image

 

自分の欲求に正直に、

まっすぐにおひさまの光を求めて高く咲く。

 


そんなひまわりが好きだ。

 


「自分が一番きれいに咲くんだ」って、

競うようにして、

高く、高く背伸びする。

 


その目に映るのはただ一つ、

一番高くに光り輝くおひさまだけ、

 


だから、

ひまわりたちは、

一番高く、一番輝くために、

おひさまを目指して背伸びする。

 


高く、高くって、

自分の限界なんて知らないかのように、

一番てっぺんを目指して、

高く、高く、

 


そして、

きれいな花を咲かせる。

大きな、大きな花を咲かせる。

 


その花の形は、

おひさまの形、

 


高さは届かないけれど、

それほど眩しくはなれないけれど、

大きくてきれいな自分らしい花を咲かせる。

 


理想を高く掲げているから、

それに向けて精一杯背伸びするから、

 


だから、

大きくてきれいな花を咲かせる。

 


一番ではないかもしれないけれど、

一番自分らしく花を咲かせる。

 


そんなひまわりのように、

私は私の理想を諦めない。

 


私にとって、

世界で一番素敵な女性と結ばれるのだ。

 


なんだか書いていて涙が出てきた。

涙まじりの決意、