〇〇ロス

f:id:tureture30:20200113095139j:image

 

最近だと嵐の二宮くんの結婚、

高橋大輔選手の引退、

ラグビーW杯やテレビドラマの終わり、

愛犬の旅立ちなど、


当たり前のように側にいた存在が、

遠くに行ってしまうと感じた時に、

人は寂しさを感じる。


「〇〇ロス」というやつ、

 

昨年は愛犬を失った。

「ペットロス」


失恋も経験した。

「〇〇(相手)ロス」

 

失うものばかりで、

手に入るものはあまりない。

心に余裕がないのかな。


ロスというくらいだから、

失った分、

心に隙間ができる。

 

そこを何かで埋めることができれば、

先に進むことができるのかな。


最近わたしの周りでは第二次結婚ブームが起きている。

第一次は30の少し前、


多くの友が逝ってしまった。

超えられない壁の向こう側へ、

「人生の墓場」と呼ばれる遠い場所へ、


そして今回も、

離れていってしまうのだ。


食事をしていると、

指輪の話、

披露宴の話、

両家への挨拶の話、


私は蚊帳の外だ。

どんどん逝ってしまうのだな。

私は最後まで取り残されてしまうのかな。


相手すら10年以上もいない。

もはや手遅れかもしれないな。


「友人ロス」


結婚すると、

時間の使い方が変わるのだ。

おっさん同士で馴れ合っている暇はない。


「みんないなくなる」


人生の岐路、

30代、


クールを装っても、

高揚感は伝わってくる。


どいつもこいつも幸せそうにしやがって、

 

私の分まで、
お幸せにどうぞ、