【2020プロ野球】ヤクルトと巨人の間に感じる3つの差

f:id:tureture30:20201103103600j:image

 

優勝のかかった巨人との3連戦、


そして巨人・岡本和真とヤクルト・村上宗隆、

若くしてチーム不動の4番打者、

そんな2人のタイトル争い。


最下位のスワローズ、

意地を見せるための大一番だったはずだ。


結果としてこの3連戦は、

スワローズファンにとって厳しいものだった。


3タテこそ防ぐものの、

2敗1分、


優勝を見せつけられるのはタイミング的に既定路線だが、

投手陣は岡本に打ち込まれ、

村上は3試合ともノーヒットと完全なる沈黙、

4番の働きが勝敗に直結する結果となった。


残り7試合を残しているが、

村上のタイトル獲得は、

この3試合でかなり厳しいものとなった。


弱冠20歳にしてここまでやってきた村上だ。

本当によくやっている。

 

ファンにとって、

今年の後半の楽しみは村上くらいしかなかった。

そう言っても過言はないだろう。


だけれども、

この大一番でこれはいけない。


高津監督の厳しい激を受け止めて、

チームの勝敗に対して誰よりも悔しさを表に出す。


キャプテンシー抜群で、

ピンチには誰よりも先にマウンドに駆け寄る。

ファンの誰もが村上のことを、

次のチームリーダーだと思っている。


だからこそ、

「この3連戦の村上はいけない」

敢えてそう言わせてもらおう。

 

タイトルに書いたように、

巨人との間には大きな差がある。

それを3つ挙げてみる。

 

ここぞの一打でチームを勝利に導く。

今年の村上はそれができていたけれど、

タイトルのかかる最終盤に来てのブレーキ、

 

高卒3年目で、4番に座って1年目だ。

そこにはやはり「経験不足」

というものがあるだろう。

 

「4番の経験の差」

これが「一つ目の差」だ。


そして投手陣、

巨人は村上に対して徹底マーク、


ワンポイントで高梨をぶつけたり、

コースの厳しさは「こいつにだけは打たせない」という気概があった。


一転してヤクルト、

打たれてはいけない選手にとにかく打たれる。

エース小川にして岡本、丸に連続本塁打を浴びたのが象徴的だ。


巨人のエース菅野は悪いながらもきっちりとまとめた。

今年は14勝2敗と「ここぞで勝てる」

そんな印象をがっちりと固めている。


初戦の引き分けで優勝を決めた巨人、

その翌日のエース対決、

 

巨人にとっては気の緩む一戦だ。

それでも勝てない。

 

かたや打たれてはいけない打者に打たれて、

かたや悪いながらもきっちりと勝ち星を掴む。


2013年に新人王を争った二人、

その時は小川に軍配が上がったけれど、

今では菅野に大きく水を開けられてしまった。


「エースの差」

これが「2つ目の差」だ。


5位広島との差は大きく広がって11ゲーム、

圧倒的な最下位だ。


もはやチームとして負け癖が付いている。


8,9,10の3か月でのヤクルトの勝ち星が、

ソフトバンクの10月分の勝ち星に満たない惨状らしい。


他球団のファンからは、

「村上の唯一の弱点は所属球団だ」

とバカにされる始末、


返す言葉もない。


「チームを強くしたい」


そうやってベンチ、フロント、オーナーが一丸となってやってきた巨人、

ソフトバンクにしたってそうだ。

ヤクルト球団にはそういう意識が足りないんじゃないかな。


批判の目はベンチに向いている。

高津監督の采配が不可解だとか、

生え抜きの無名選手ばかりをコーチにしているだとか、


それはあるのかもしれないけれども、

もとをただせばフロントだ。


「球団がチームを強くしようとしていない」

そこに大きな差があるんじゃないのかな。


これが「3つ目の差」だ。


おそらくヤクルト本社からすれば、

球団が勝とうが負けようが収益は変わらないし、

下手に強くなれば人件費はかさむ。


「球団を所有していること」がステータス、

そういう旧態依然とした考えなのではないだろうか。


そんな状況ならば別に「ヤクルト」でなくてもいい。

強くする気がないのならば、

今はどうだか知らないけれど、

やる気のあった「ZOZO」などにでも売却して欲しいくらいだ。


横浜球団は「DeNA」に変わり大きく前進した。

楽天にしてもソフトバンクにしてもそうだろう。


旧態依然では何も変わらない。


今回のドラフトでは育成選手を4名と、

過去最多の指名をした。

これで前に記事にした謎の70人ルールは撤廃に向かうようだ。

tureture30.hatenadiary.jp


球団の姿勢は変わるのだろうか。


弱いと言われるセ・リーグにして、

2年連続での圧倒的な最下位、


今のスワローズはファンとして、

入団してくれる有望な選手たちに申し訳なく思うレベルだ。


特に今年ドラフト4位の元山くん(東北福祉大

大学No1ショートながらこの順位に不満の1つもないどころか、

「チームの日本一」と「世界一のショートストップ

そんな目標を掲げる素晴らしい選手だ。


プロ野球の球団というのはさ。

それまで人生懸けて野球に打ち込んできた選手たちの受け皿だ。


今の選手たちはみんな素直だからさ。

「12球団OK」ってみんな言うけどさ。


一昨年は交流戦を制してリーグ2位、

5年前にはリーグ優勝しているからさ。


今はまだいいのかもしれないけれど、

これからは「ヤクルトだけは嫌だ」ってさ。

そう思われる球団になるかもしれないよ。


球児たちの「外れくじ」にだけはなってはならない。

変わらなければならないのだ。