「若すぎる子」からチョコをもらった話

f:id:tureture30:20210215210649j:image

 

先日のバレンタインデー、

こんな私でも「若い子」からチョコをもらうのだ。


誰からもらったのかと言うと、

未就学の姪からだ。


「若い」と言っても、

「若すぎる」のだけれども、


私は姪と仲良しなものだから、

あだ名で呼ばれている。


私が実家にいるのを聞きつけたらしく、

親である妹から「姪ちゃんがチョコ持っていくね」とのこと、


楽しみに待っていると、

「来た」

ワクワクしながら会いにいく。


このようなご時世だからと、

中には入らずに玄関先での対応、


姪ちゃんは照れた様子で私にチョコを差し出す。


その様子を見て、

「これはもしや本命か」と期待する私、


すると姪ちゃん、

「これは「ますくん」で、これはおじいちゃんで、

そしてこれはおばあちゃんの分」


私の手の上に集まる3つの箱、

全部同じ奴だった。


完全に「義理」だ。

なんてことだ。

「本命」ではなかった。

 

それも母と同じなのか。

異性とも見られていない。


「若い子」から本命チョコをもらえるかと期待していた私、


だけれども、

どうやら私にそんな甲斐性はないようだ。


「ちゃんとお返しを考えなければならないな」

もらった瞬間にそんな考えがよぎる。


義理チョコをもらった男の宿命だ。


謀ってか、謀らずか、

これで姪ちゃんは「お返し」を3つも確保したわけだ。


チョコも嬉しかったけれど、

一生懸命書かれているヘニャヘニャの字を見て、

「姪の成長」を感じたことが嬉しかった。


少し前までは「10」までしか数えられなかったのに、

文字まで書けるようになったのだ。


当の親はとんでもなく大変なのだろうけれど、

傍から見たらなかなか会えない分、

大きな成長を感じる。


更に年下の甥まで、

私のことをあだ名で呼ぶようになった。


私の人生は何も進まないけれど、

「世界はちゃんと進んでいるのだな」


そう感じさせてくれた、

甘いけれどホロ苦い、姪からのチョコだった。


まだ食べていないから、

味はわからないのだけれども、