【プロ野球2021】いよいよ「やきう」がはじまるよ!

f:id:tureture30:20210323213350j:image

 

スワローズはオープン戦最下位と、

相変わらずの安定感を発揮しています。


それでも徐々に先発陣が試合を作るようになり、

なんとか6枚のローテーションは決まりそうです。


報道通りであれば、

小川、田口、奥川、

スアレス、高梨、山野

ということになりそうです。


まずは好調阪神との3連戦!

ルーキーの佐藤が打ちまくっているようですね。


外国人も控えており、

投手は例年安定しています。


あとは守備がどうなるかですが、

貧打が解消されそうな今期は、

優勝候補の一角となることは間違いありません。


しかし、開幕カードはシーズンを占う上で重要となります。

勝ち越しを狙いたいところですね。


好調、内川は十分やれそうです。

レジェンドコンビの青木と共にオープン戦で高打率を残しました。


村上は相変わらずの怪童ぶり、

打撃主要3部門すべてでトップスリーに入る好調ぶり、

令和初の三冠王に最も近い男は今年もやってくれそうです。


不安材料はケガで離脱した山田哲人と新進気鋭の濱田、

この二人が打線に連ならないとなると、

破壊力は大きく落ちてしまいます。


無理をする必要はありませんが、

間に合って欲しいと祈るばかりです。

※濱田は間に合わないみたいですが山田は間に合うようですね。

 

そして3戦目の奥川、


史上最高クラスの実績を引っ提げてプロ入りするも、

昨年は大事を取ったシーズンとなりました。

終戦に登板するもほろ苦いデビュー、


オープン戦では随所に大器の片鱗は見せるも、

結果としては物足りないものでした。


それでも開幕ローテに名を連ねたからには、

結果を求められます。


高津監督の方針として、

「今年は使いながら育てる」というものがありましたが、

もう一歩高みに踏み込んで「勝ちながら完成度を高める」

そういう投球を期待したいです。


初登板はノムさん追悼試合となるようです。

スワローズの新エースとして巣立つには絶好のステージ、

「ヤクルトは弱いなぁ」とぼやかれないように奮起に期待です。


まずは初戦を取りたいところ、


先発は、悩みに悩んでチームに残った小川泰弘です。

その思いを開幕戦にぶつけて欲しいですね。


「オガワ!お前がエースや!」


豊玉高校の南ではありませんが、

阪神ファンからそう脱帽されるような投球を期待です。


いよいよ今日から「やきう」がはじまります!

今年も楽しみですね。