涙の代わり

f:id:tureture30:20190618064728j:image

 

泣くことが最高のストレス発散というけれども、

そう簡単に涙など出てこないお年頃、


だから私は「書く」のだ。

このブログが涙の代わり、


ここに感情を吐き出して、

どうしようもない気持ちを吐き出して、

それを認めてもらうことで不安を解消する。


そうやって、

続けてきた。


だから毎日、

煩わしさもなく呼吸をするように、

言葉を紡いでいる。


私は「書くこと」が好きだ。

時間を忘れて没頭できる。


自分と世界との境界線を、

書くことによってはっきりとさせている。


客観的に自分を見て、

自分の居場所を確認する。


まだまだ捨てたものではないって、

確かめている。

 

それと同時に、

不甲斐なさや惨めさ、

器の小ささを受け入れている。

 

ある種のナルシズム、

 

私はこんなにダメ、

私はこんなにかわいそう。

私はこんなに傷ついている。

 

そういうものって、

なかなか吐き出せない。

だから吐き出す場所が必要、

 

私にとっての書くことって、

そのための作業、


メタ認知」というやつ、

それによって平静を保てるのだ。


不安に包まれているから、

心の浮き沈みが激しいから、

 

だから、

言葉が次々に溢れてくる。

 

日常に散りばめられたかけらを拾い集めていると、

それが色形を作り始めて、

一つのセンテンスに変わる。

 

ふと浮かんだ言葉、

それを掴み取る。

 

一瞬で消えてしまうから、

忘れないうちに形にとどめる。

 

そういう作業を積み重ねている。


言葉が出なくなるタイミングはどんなだろう。


これ以上ない幸せに包まれたときか。

はたまたその逆か。


それとも、

呼吸が止まるまで、

言葉が私から消えることはないのか。


それはわからない。


だけれども、

今はただ綴る。

書きたいと思うから書く。


自分の人生を大事にすること、

書くことはその大事な作業の一つ、


言葉が枯れ果てるまで、

書き続けたい。