心を受け取りたい

f:id:tureture30:20190617063435j:image

 

薬局での話、


手際は悪いけれども、

とても丁寧に対応された。


周りは若い人ばかり、

そこに混じって一人働く初老のおじさん、


正直、

「わかっているよ」って思うくらい、

丁寧に何度も薬のことを説明してくれた。


「支払いはSuicaで!」


そう伝えると、

しどろもどろになって、

何かを口ずさみながら手際悪く対応してくれた。


精神状態によっては、

イライラしてしまうような展開、


だけれども、

雨の魔力にかかってか、

優しい気持ちで眺めていた。


「心を受け取りたい」


手際は悪くても、

自分のために丁寧に説明してくれたのだ。


「素直に感謝したい」


心が尖っていても、

ささくれていても、

弱っていても、

優しく在りたい。


「感謝を忘れない人は幸せな人」


幸せになりたい。


そう思うから、

感謝を忘れずにいたい。


幸せを作るのは自分自身、

自分を不幸にしてしまうのも自分自身、


だから、

素直な気持ちで、

目の前の一人に誠実に、

「ありがとう」を忘れずに、


自分がイライラしていても、

心が弱っていても、

自分の価値を信じられなくても、


それは周りの人には関係のないこと、


ささくれだって、

触れるものすべてを傷つけて、

なにかに八つ当たりして、


そんな惨めな大人にはなりたくない。


素直な心を差し出して、

素直に心を受け取りたい。


みんながそれをできるならば、

きっと優しい世界になるのだろうな。