不幸の定義

f:id:tureture30:20190920065953j:image

 

ただ口を開けて、

誰かが餌を与えてくれるのを待っている。


「幸せになりたい」


そう願っているだけで、

誰かが幸せを与えてくれると信じている。


その誰かに、

奇跡的に巡り会えたところで、

それを受け取る勇気すらない。


もはやお手上げだ。


「本当に幸せになりたいの?」


口ではみんな「そうだ」と答えるけれど、

本当は今のままが良いんじゃないかな。


傷つくことばかりだから、

保証がないと動けなくて、


幸せになったらなったで、

それを失うことばかりに怯えて、


「まるで不幸でいることを望んでいるみたい」


「幸せになりたい」って、

口では言っているけれども、

全然不幸なんかじゃないのだ。


多くの場合はそう。

それなりに楽しくやっている。


人と比べて自分に欠けているものを探して、

それで不幸になった気になる。

そうして生きる目的を作り出すのだ。


全然不幸なんかじゃないのにね。


自分で自分の不幸なところを探して、

それが解消したらまた不幸なところを探して、


「不幸でいないと気がすまない」


幸せなことだってたくさんあるはずなのにね。


情報が独り歩きするのもだから、

天井を見ればキリがない。


幼稚な全能感を助長して、

大した努力をしないですべてが手に入ると思いこんで、

一度折れてしまったら人のせいにすることばかり上手くなって、


そういうのが「不幸」っていうんじゃないかな。


「自分の価値を認めてあげられない」


そういうのが「不幸」なんじゃないかな。


「不幸でいないと欲しい物は手に入らない」


そんなルールはないのだから、

自分を認めてあげた上で欲しい物を手に入れる努力をすればいい。

 

そうすれば自分のことを不幸だなんて思う暇もない。


それだけのこと、