魅力的な人はみんな誰かの奥さん

f:id:tureture30:20191225071909j:image

 

「みんな」と言うと語弊があるけれど、

私から見て魅力的に映る女性たちの多くはそう。


街をゆく人目を引く女性、


その多くは子供と一緒だったり、

乗っている自転車に子供シートがついていたり、

電話をかけているその手の薬指には指輪がはめられていたり、


ビジネスで出会う女性たちもそう。


話をしていて「素敵だな」と思う人、

ふと視線を下に向けると左の薬指に指輪、

指輪をしていなくても、

話の中で「うちの子供は…」


ああ、この人もか。

そういうことが増えた。

 

「魅力的な人はみんな誰かの奥さん」


もはや手遅れなのかな。

私は少しばかり動き出すのが遅かったみたい。

去年までの謎のモテ期が最後のチャンスだったのかな。


だけれども不思議と、

相手が既婚者だとわかると、

気兼ねなく話すことができる。


自意識に支配されているのだな。


妙齢の女性と接するたびに、

「もしかしたら」ってどこかで期待して、

そういう前提で接する癖がついてしまった。

 

人として接する前に、

女性として見ているのだ。

だからモテない。


周りから見ると私はマダムキラーらしい。

少し年上の女性からは可愛がられる。

気兼ねなく接することができるからだ。


だから女性とのコミュニケーションが、

決して苦手なわけではないのだけれど、

「少ないチャンスをものにしないと」って、

意識し過ぎなのかな。


もちろん私も含めてだけれども、

いい年して結婚していない人って、

どこか結婚に向いていない理由がある。


「いい悪いではなくて向いていない」

 

それは3ヶ月で10人と会って感じたこと、

向いていないものは仕方がない。

無理に結婚する必要もないのかもしれないな。

 

最近は少しずつ「結婚」を手放そうとしている。

その方がうまく行く気がする。


今年も終わろうとしている。

基本的にはずっと低いところを走っていたけれど、

色々とあった年だったなぁ。


うまくはいかなかったけれど、

心から好きだと思える人に出会えた。


気持ちの変化はたくさんあった。

それで体調を崩した夏だった。

そこから回復に充てた秋、

一周回って立場的には元通り、


諦める理由が増えただけ、

そんな調子で今年も終わってしまうのかな。


クリスマスは今年もやってきた。

 

これから先も毎年やってくる。

そのたびに惨めな思いをするのは嫌だな。

 

結婚できなくてもいい。

だけれども温もりが欲しい。