眠れない夜を乗り越えた数だけ強くなれる

f:id:tureture30:20200608060530j:image

 

「ポジティブな言葉が湧いてくる」


なぜだろう。

今の私がそうだ。


先日ふと勃発した眠れない夜、

そいつを乗り越えたからか。


「眠れない夜を乗り越えた数だけ強くなれる」


「涙の数だけ」とほぼ同義だろうけれど、

私はそう思っている。


だから眠れない夜が顔を出しても、

そいつに縛られることなく、

その先に目を向けることができるのだ。


「無意識」が眠らせてくれない。

寝付いたと思っても「ビクッと」して目が覚める。


記憶には残っていないけれど、

夢の中で何か恐ろしいことでもあったのだろうか。


そういう時は豆球だけをつけて、

ぼんやりと天井を眺めて思考の渦に身を委ねる。

 

そして体の各部に感覚を移していき、

「痛みやコリや冷感」そういうものに目を向けて、

その個所を温めたりグッと伸ばしてやる。


そうこうしているうちに、

無秩序だった思考の渦は体系付けられていく。


「もう大丈夫だ」

自然とそういう言葉が降りてくる。


こういうのって、

ある種の信仰体験なのかもしれない。

人は「経験」を信仰する生き物、

 

「冷静に考えるとありえない」


そんな不合理に対しても、

「経験」を積み重ねることで、

それを「信仰」へと昇華するのだ。

「良くも悪くも」だけれども、


「眠れない夜」


それは無意識の産物で、

私の作り出したものだ。

 

普段は手付かずになったままの思考の渦に、

まとまった時間を費やす必要があるのだろう。


まずは窓を開ける。

風の音や感触に体を預けて物思いに耽る。

酷い時になるとパジャマのまま辺りをぐるりと徘徊する。


そんな夜が続くこともある。

だから日中は眠くて仕方がない。


もともと睡眠に関しては「のび太」だった私、

「眠れない」なんて考えたこともなかった。


だけれども、

そういう体になってしまったのだ。


「無意識」


そいつはとても厄介な奴だけれども、

私をどこかに導いてくれているのだろうか。


頭の中にある膨大なアーカイブ

それを整理するための時間を作り出しているのだろうか。

 

そして、

それは私の人生に必要な作業なのだろうか。


だけれども心配だ。


時折こんな夜を迎える私、

誰かと一緒に生活することができるのかな。

寝室は別にしないと無理かもしれない。