「無防備な女性」の魅力について考察する

f:id:tureture30:20200704065743j:image

 

主に漫画やアニメに登場することが多いだろうか。

俗にいう「サービスショット」


その対象にされやすいような、

そんなキャラクター、

 

際どさに気がつかない天然キャラと、

際どさを気にもしない男まさりキャラ、

 

人気を二分している。

甲乙つけがたいものだ。


その「隙」は「好き」への入り口、

男を「興奮」によって「恋の落とし穴」へといざなう。


計算しているようには見えない計算、

そういうものもあるのかもしれない。


だけれども関係ないのだ。

男はバカだから興奮作用で頭の中真っ白、

計算であることに気がつかない。


射幸心を煽るような絶妙なラッキーパンチ、

脳内はリビドーに支配されて、

思考の半分以上は麻痺した状態に陥る。


「エロ」と「ラッキー」のダブルパンチ、

フックとアッパーが同時に迫ってくるのだ。

もはやその興奮作用は防ぎようがない。


「無防備」


それは破壊力抜群の一撃必殺なのだ。


防御に割り振るステータスを、

全て攻撃に振るのだから当たり前だ。


懐に誘い込まれて食らいつく前に、

強烈な一撃をお見舞いされる。

ニヤけたキモい顔に強烈なのをいただくのだ。


去年好きになった女性、


エロではなかったけれど、

間違いなくこのタイプだった。


懐に入りこませてからのカウンターパンチ、


フラれたときに私は言った。

「距離感が(近すぎて)よくわからなかった」って、


そうしたら彼女は答えた。

「私は壁を作るタイプなんです」って、


「えっ?」


どうやら無自覚だったようだ。


前に付き合っていた人からは、

別れ話を切り出すと罵倒されたらしい。


それがトラウマだとか言っていたけれど、

きっと相手は「うまく行っている」と思っていたのに、

急に切り出されたのだろうな。


私に対しても、

切り出す前後の豹変ぶりはすごかったから、

何となくわかる気がした。

いや、元カレさんの気持ちが、


「無防備な女性」


もはやそれは凶器なのだ。


そのチラチラ見えているものを、

頼むからちゃんとしまってくれ、


計算で見せているならば拝ませてもらうけどさ。

そうじゃないんだったらさ。

もう少しちゃんと意識してほしい。


「見るな」って主張されてもそりゃ無理だ。

「男をやめろ」って言われているようなものだから、


そこに「ぱい」があれば男は見るよ。

生まれてから死ぬまでそれが大好きなんだから、


だから勘弁しておくれよ。

そんな意地悪しないでさ。

もう一つ上までボタンを閉めようよ。


膨らみだけでも十分に魅力は伝わるのだから、

 

 

「不細工なのに胸でかい!」


「はい!はい!はい!はい!はい!」

あるある探検隊あるある探検隊!」


どうもありがとうございましたー!

 

 

さて、夏だな。

今年も暑い夏がやってくる。

 

下着の透けて見える時期だ。

 

紳士を気取っていても、

私の頭の中はそんなことばかり、

 

男は狼なのよ。

気をつけなさい。