ドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」について思うこと

f:id:tureture30:20201205074027j:image

 

2021年3月から提供の新プラン、

どうやらドコモが本気を出したようだ。


まずはプランの概要


月額:2980円(税別)

使用可能容量:20GB

通話:5分まで無料

回線:5G対応


事務手数料やMNP転出手数料はかからず、

オプションとして[+1000円]で電話かけ放題になるらしい。


注意点として、

・キャリアメールが使えない

・家族割などドコモの他サービスの割引対象にならない

・オンラインのみの申し込み受付

というものがある。


従来のドコモユーザーは注意が必要だろう。

 

これはとんでもないことになった。

「事実上のサブブランド」

そういう声が聞こえてくるけれど、

大手サブブランドの相場と比べて2000円ほど安い。

 

しかもこの契約では、

ドコモのメイン回線を使えることになる。


日本で一番信頼のおける回線を、

この価格で使えるということだ。


ワイモバイルと楽天モバイルを使用している私、

20GBもあれば十分だ。

楽天モバイルの無料期間を過ぎたら、

「ドコモに乗り換えるか」と思うくらいのインパクトはある。


面白いことになった。

これにより各社は対応を迫られるだろう。


再三の国からの圧力、

しがらみなのかはわからないが、

国に一番近い企業から一歩踏み込む形となった。


新規参入の楽天モバイル


ahamoと同一料金で使用無制限、

おまけに1年間無料、


その点では、

未だに優位性はあるけれど、

今後の動向によっては、

さらに携帯料金自体の相場が値崩れすることになる。


そうなると体力がものをいう。

厳しい戦いを強いられそう。


ショップの数は減り、

雇用にも影響を与えるだろう。

豪華タレントによる過剰なCMも鳴りを潜めるかもしれない。


そもそも今までがサービス過剰だったのだ。


これから先は単価を落として、

契約数を増やす方向に向かうのだろうか。


今は大体1人2回線か。

携帯用と自宅用、


それが3回線4回線、

IoTとなれば10回線ということもある。

車や家電に専用回線という話まで出てくるかもしれない。


単価を下げて数を取りに行く。

新たな「通信競争」の幕開けか。


それにしても、

「GoTo」然り、

「携帯料金」然り、


政府が特定の産業に介入しすぎている気がする。

今は未曽有の国難だ。


そのことは理解できるけれども、

こういうことが常態化すると、

「小さな政府」から「大きな政府」へと、

流れが加速することになる。

 

有事の際にはメリットは大きい。

だけれども「国」に求められるものが大きくなる。

 

今の「国」には、

それに応えられるだけの資質があるのだろうか。


長い目で見れば、

中央集権的になるメリットよりも、

デメリットの方が目立つだろう。


みんなが「お上」の顔色ばかりを伺うようになれば、

「国」が国内で最も先を進まない限り、

世界から取り残されることになる。


その点理解して、

国民は目を光らせなければならない。


私の立場では、

「携帯料金の値下げ」は歓迎するところだ。

今はその恩恵を享受することにしよう。