バカになれたということ

f:id:tureture30:20181129073428j:image

 

理性的に振舞って、

さも感情をコントロールしているかのように、

私は賢いですよって装っても、

所詮は人も動物、

 

食べないと生きてはいけないし、

排泄をする。

人恋しさには抗えないし、

朝起きたら勃ってるし、

 

そのことを受け入れることができれば、

「バカになれた」ということなのかもしれない。

 

いくら生活を整えたって、

欲望は湧いてくるし、

共に歩める伴侶を求めると言ったって、

愛は欲しいし、

 

欲望に素直になること、

欲望を叶えられる自分になること、

それを叶えるための原動力、

それが努力、

 

もちろん欲望のままに、

人に迷惑をかけるのは悪、

 

でも、理性に縛られて、

必要以上に自分を殺してしまうのも悪、

 

「真面目に生きてきた」

 

そう自覚している人ほど、

自分の欲望に正直になってあげたほうが良い。

 

「自分を気持ち良くさせてあげる」

 

そうした方がパフォーマンスは良くなる。

生活の質は向上する。

 

あれもこれもやらなくちゃいけないって、

真面目すぎるからみんなおかしくなる。