酒を飲むと本性剥き出しになる

f:id:tureture30:20191103092406j:image

 

普段はセーブしているのだけれど、

久々にだいぶ飲んだな。


私は飲んだら饒舌で良い奴になる。

そして女性に対しての欲望剥き出しになる。


日常でよほど我慢しているのだろうな。


余計なことは言わないようにしている。

責任ばかり増えるから、


無闇に優しくしないようにしている。

面倒なことに巻き込まれるから、


そして女を求めている。

心が渇いているから、


本来の私はきっとそういうものなのだ。


それを理性という名のオブラートに包んで、

「ビジネスだから」だなんて、

クールな紳士を気取っては繕って、

一体何をしているのだろうな。


オブラートが溶けるまでに時間がかかるから、

みんな愛想を尽かして他へ行ってしまう。

それもまた考えものだな。


別に優しくしたいだけすればいい。

責任を負うかどうかは後から考えればいい。


魅力的な女性がいたら、

全力で口説けばいい。

玉砕したところでその場限りのこと、


それをいつだって自分を抑え込んでさ。

惨めな思いばかりして、

前に進まない理由をきれいに並べては、

それを丁寧に吟味して時間を稼ぐ。


いつも一緒に居たかった。

隣で笑ってたかった。

季節はまた変わるのに、

心だけ立ち止まったまま、


そうやって過去に足を引っ張られて、

今までの痛みは、

より素敵な人との出会いに必要なことだって、

自分に言い聞かせて、


MのページはLINEの履歴に残ったまま、


星が森へ帰るように、

自然に消えてくれないかな。


敵わない想いなら、

あなたを忘れる勇気だけ欲しいよ。


心を解放するのが怖い。

自分でもどこにいってしまうか分からないから、


あの子以上に心惹かれる人に、

これから先、出会うことがあるのかな。


女が欲しい。飢えている。


欲望剥き出しで接してみればいい。

その方が案外うまく行くかもしれない。


草食はもう卒業かな。


そんなに簡単に行けば、

こんなにこじらせてはいないのだけれども、