婚活をしながらあまり結婚したくない女性が多い

f:id:tureture30:20190805062552j:image

 

引き続き、女性と会っている。


話をしていると、

婚活をしているけれども、

「危機感を感じて仕方なく」だとか、

「友達に勧められて」だとか、

そんな人が多いと感じる。


「あわよくば」なのだ。


とりあえず婚活をしているけれども、

周りに恵まれているし仕事も充実している。


「無理して結婚しようと思わないけれど」

そう前置きされるのだ。


単純に私に魅力がないからなのか。

アプリの限界か。

それはわからない。


だけれども面と向かって予防線を張られる。

それはあまり気分の良いものではないな。


女性も自立している。

それはわかる。


だけれども、

「じゃあなんで結婚したいの?」

そういうことになる。


「とんでもなくいい人がいれば」

そういう前置きがつくのだ。


それを聞くだけで疲れてしまう。


そのくせ次に会うことは決まった。

どうやら私は不合格ではないらしい。


婚活って、

やっている本人も何をしているんだか、

よくわからなくなっているんじゃないかな。


私もよくわからないもん。


私って結婚したいわけじゃなくて、

男としての欠落を埋めるために、

恋愛したいだけなんじゃないかな。

それだと結婚したい人に失礼だよな。


もう少し頑張って、

やり切ったらお休みしよう。


本人たちも目的がよくわからないのにね。

ビジネスとして成り立っている。

もはやよくわからない世界だな。


ニーズはどこにあるのだろう。

それを明確にしてサービスを利用している人って、

どれくらいいるのかな。


詰まる所、

「将来への不安を解消したいから」

 

何もしていないと不安だから、

活動していることで安心する。

結局そういうことなのだろうか。

 

伴侶って保険なのかな?


やっぱり私は恋愛を経ないと、

結婚できそうにない。


一時的かもしれないけれど、

たまらなく好きあった経験が、

2人の今後の原点になる。


相手や2人の間に何かあった時に、

その原点が潤滑油やら原動力になってくれる。


「愛する」妻であり夫、

(少なくともかつては)になれるのだ。


経験していないからわからないけれど、

それって大事なことなんじゃないのかな。


だから予防線を張られると、

なんだかなぁと思う。


「私はどんな形の出会いでも、

  恋愛してから結婚したいと思っていますよ」


引かれてもいいから、

まずはお相手にそのことを伝えるようにしよう。


もう一度、

心を揺さぶるような出会いはないものか。

もう二度となさそうだな。

そんな不安に包まれる。


年ばかり食っていく。

5年くらい前から人生をやり直したい。

そんなことばかり考えている。


だけれども、

いつだって今が一番若いのだ。

そんなことを考えること自体が時間の無駄、


次のビッグウェーブを逃さないように、

経験値は積んでおかないと、

もはやそれが目的になっている。


なんだかなぁ。

私も結局は「あわよくば」なのだ。