ポジティブキャンペーン

f:id:tureture30:20191230095604j:image

 

「いっぱいデートしよう」だとか、

「とても素敵な人だと思う」とか、

「電話で話したい」だとか、

思わせぶりな態度を取られた挙げ句、

「もっとわがままを言って欲しかった」という、

意味のわからない理由でふられてよかった。

→「女心は秋の空」を体感できたから、

 


加害者のくせに被害者ヅラをする、

職場の二股クソ女に敵ばかりの環境を作られてよかった。

→毎日ストレスに耐えることで成長できるから、

 


酒が入った途端に豹変した友人のめんどくさい話を遮ったら、

「自分の人生に謝ったほうがいい」ってキレられて、

喧嘩別れすることになってよかった。

→理不尽なことを言われてもこちらはキレない訓練になったから、

 

 

夏場に失恋後もがむしゃらに動き続けて、

毎週、別の女性と会い続けていたら、

ストレスから体調を崩してよかった。

→自分の心とは逆方向には進めない人間なのだと分かったから、

 


女性と会いまくったけれど、

結局今年のクリスマスも一人で良かった。

→一人の孤独さを今年も噛みしめることができたから、

 

 

大きく動いたけれど、

残ったものは「痛み」と、

それに耐えるために歪に変形した心だけ、

 

傷つくたびにどんどん醜くなってしまう。

どんどん自分に期待しなくなってしまう。

 

痛みを和らげるために、

そうならざるを得ないのだ。

 

「優しさに包まれたなら、

きっと、目に映るすべてのことはメッセージ」

 

優しくして欲しい。

優しくなりたい。

 

カタチだけでなく、

心の底から、

笑顔になりたい。


お疲れさまでした。

2019年、

 

幸せになりたい。

2020年、