「高揚感」に身を委ねることができない

f:id:tureture30:20210918092145j:image

 

一度メンタルをやってしまったものだから、

安易に突出した感情に身を委ねることが苦手になってしまった。

 

時折顔を見せる「高揚感」

だけれども少しするとそれも消えてしまう。

 

そして次に顔を出すのは「不安」

うまいこと「高揚感」を原動力にはできなくなってしまったのだ。

 

前の私は動機さえあれば突っ走っていた。

 

私は私のことをつぶさに監視するようになったものだから、

どこか気持ちにブレーキかけているのだろう。

 

遠くへと行ってしまわないように、

リミッターを少しずつ開放してここまで来た。

長い時間をかけた作業だった。

 

おっかなびっくり、

一歩ずつ確かめるように、

ゆっくりと、ゆっくりと、ここまで来た。

 

転職というカードを切って、

今回ばかりは少し開放しすぎたのか。

 

どこか後ろ髪引かれる思いを拭えない。

まだまだお客さん気分なのだ。

 

だけれどもそれだと、求められる期待には応えられない。

雰囲気を察するに、ある一つの分野を近いうちに完全に任せたいという方針らしい。

 

それは入社前の話とは違う。

徐々に慣れていけばいいと思っていたけれど、

どうやらそういうわけではないようだ。

 

そうなると私はさらに「リミッター」を外す必要が出てくるのだけれども、

どうにもうまく外すことができないのだ。

 

バイタリティの塊のような時期もあった。

睡眠時間を削って動き回れた20代の私、

どこかそれを誇りにしていた節すらあった。

 

随分と変わってしまったものだ。

私は私のことを客観視しすぎているのだろうか。

 

ちょうどいいバランス、

そこで折り合いをつけられればいいのだけれども、

それはなかなか難しい。

 

さて、「リミッター」を外す方向で努力したほうがいいのか。

それとも、もう少し体を慣らしたほうがいいのか。

 

どうにも私は「組織に飼いならされること」が苦手だ。

 

自分のペースで慣らしていっても、

数か月のうちに適応できるような自信はある。

それくらいの猶予は与えてくれないのだろうか。

 

「歯車の一つ」になるというのは、

私にとっては思った以上に窮屈に感じる。

 

だけれども、今はそういう時期、

進みだしたものは止めることはできない。

 

経験上、睡眠に影響が出ないところまでは大丈夫、

必要以上に人の目を気にしだすところからずれてくる。

 

「できないものは仕方がない」

 

基本線はそこに置きながら、

もう一押しアクセルを踏み込んでみるのもいいのかもしれない。

 

あまり踏み込みすぎて、

空回りしてしまわないかは心配だけれども、