抑うつリアリズム理論

f:id:tureture30:20180809073342j:image

 

うつ患者は世の中を現実的に認識しているだけであり、

そうではない大勢の人間こそが前向きではあるにしても、幻想の中で生きているという考え、

 

 

 

だから何?

 

 

この考え方が生きる糧になれば良いが、

「世の中が終わっている」

という考えを助長するように感じる。


終末思想が嫌いだ。

それを信じることで幸せになれるのか。

信じるものだけが救われればそれでいいのか。


悩みのない人はいない。

その中で、もがき苦しんで、

日常に光る一瞬の輝きを糧に生きる。


希望などという大それたものでなくても良い。


生きている実感を、

ふとした時に感じること、

今を生きること、

 

頑張る必要はない。

やるべきことをやり続ける。

陰鬱な心に行動を奪われてはいけない。


地道な日々の中にのみ、

生きる糧がある。


突飛な成功だけでは、

人は生きる糧を失ってしまう。


地道なティーとトスと素振りの積み重ねこそが、

夢へと続く道、

 

山田哲人に学べ、