下町ロケット

f:id:tureture30:20190103091404j:image

 

下町ロケットを見て、

「生きることは作ること」

その言葉が強く印象に残った。

 

生きている限りは何かを生み出す。

信頼であり絆、悪意や憎しみ、

 

それが良いものだとは限らない。

 

良いものを作りたい。

人の役に立つものを作りたい。

それがそのまま良い生き方に通じるのかもしれない。

 

本質を見失ってはいけない。

自分の行動の結果に、

どれだけの人が関わっているのか。

 

人との触れ合いを怠ってしまうと、

それが見えなくなってしまう。

人を道具としてみるようになってしまう。

 

誰かの不幸から富を享受していたら、

その代償として心が枯れていく。

 

誰かが水を与えてやらなければ手遅れになる。

 

人との触れ合いとは、

自分と相手の心に水を与え合うこと、

 

人は都合の良い生き物だから、

多くの水を貯めておくことはできない。

いつだって感謝を忘れてしまう。

 

人と触れ合っていないと生きていけない。

心が枯れてしまったら、もはや人ではない。