さて、仕切り直して

f:id:tureture30:20190424081356j:image

 

4月に入ってからの1ヶ月足らずで、

いろんなことに区切りがついた気がする。

主に気持ちの面でかもしれない。


最悪の1年としても過言ではない、

昨年の尾を引いて、

3月までは苦しい日々が続いた。


平成が終わる。


ここ3年ばかり続いた、

辛く苦しい生活にも区切りをつけなければ、


人生が大きく変わった3年だった。


こんなに苦しんだ事はない。

こんなに絶望を味わった事はない。

こんなに価値観が変わるなんて自分でも驚くほど、


環境は変わって、

人は変わって、

体は気がつかないうちに衰えて、


その分、

素直に人に頼ることができるようになって、

些細なことに感謝できるようになって、

いわゆる「弱者」の気持ちを多少は経験できた。


当たり前のように生きる時間が、

当たり前ではないことを知った。


「一寸先は闇」というけれども、

少し先には何が待っているかわからない。

そう実感した。


「生きる」ことは辛く苦しいことばかり、


それでも「生きる」のだ。


若い頃は何でも努力次第で乗り越えられると、

それを疑いもしなかったけれど、

どうしようもない事は世界にはたくさんあるのだ。


それでも「生きる」のだ。


日常に散りばめられた、

幸せのかけらを拾い集めながら、

それを燃料にして「生きる」のだ。


大きな幸せはたまにあればでいい。

苦しい事はたくさんあってもいい。


だけれども、

幸せのかけらはできるだけたくさん見逃さずにいたい。


それさえあれば、

命をつなぐことができるから、


それをいっしょに拾い集めながら、

苦しいことを乗り越えて、

大きな幸せを分かち合って、


笑顔を見せ合って、

涙を見せ合って、

時には喧嘩をして、

仲直りをするたびに絆を深めて、


苦しい時も、

嬉しい時も、

悔しい時も、

そして別れの日が来るまで、


その最後の時まで、

隣に寄り添って、

手を取って、

二人が築いた大切な宝物たちに囲まれて、


幸せに包まれながら、

最後を迎える。


そんな人生を歩める伴侶、

まだ知らぬ、そんな素敵な人に、

心から「好き」と伝えたい。


苦しんだ分だけきっと、

幸せになれるはず、


どんなに苦しくても、

それだけは忘れないで生きたい。


大きく人生を開くための、

ここが転換期、