横断歩道

f:id:tureture30:20191127181757j:image

 

「赤は止まれ」

「青は進め」


信号が「赤」から「青」に変わる。


「白」だけを踏んで進もうとしたけれど、

向かいから人が歩いてきた。


それを避けようとして、

少し斜めに踏み出したものだから、

「黒」を踏んでしまった。


一度そうなると次の一歩も「黒」


その次も「黒」

その次も…「黒」


一度踏み違えてしまうと、

意識して歩幅を変えてあげないといけない。

「白」に戻すために、


ずっと「白」を踏み続けていたら、

なんてことはないはずなのに、

これが意外と骨の折れる作業だったりする。


やはり「黒」

その次も「黒」

そしてまた「黒」


悪いことって重なるもの、


一度悪いことに遭うと防衛本能が働いて、

しばらくは悪いことにばかり目が向くようになる。


「なんて可哀想な私なのかしら」


悪いことばかりに目を向けて、

可哀想な自分を慰めるのだ。


「特別でありたい」


なんだかんだ人はそれを望んでいるから、

「ヒロイズム」によって自己承認欲求を満たそうとする。


だけれども、

それにも限界があるから、

そのうち自分の手に負えなくなる。


逃げ出したくなったならば、

横道に逸れてみればいい。


「黒」「黒」「黒」


それでも思いっきり、

横道に逸れてみればいい。


「黒」が続いたって、

横断歩道の縁は「白」


そこから歩みを進めれば、

その先はずっと「白」


「白」「白」「白」


だけれどもそうなると、

今度は「白」に飽きてしまう。


そして斜め前に一歩を踏み出して、


「黒」「黒」「黒」

 

また少し歩幅を調整して、


「白」「白」「白」

 

時には、


「白」「黒」「白」


そうこうしているうちに、

信号が「青」から「赤」に変わる。


どうやら時間切れみたいだ。


最後の力を振り絞って、

なんとか「白」で終える。


人生って、

そういうものなのかな。