冬がはじまるよ

f:id:tureture30:20191202065403j:image

 

「冬がはじまるよ。ほらまた僕の側で」

槇原敬之『冬がはじまるよ』


ここ最近、グッと寒くなった。


側にいてくれる人はいないまま、

もう12月になってしまった。


この歌の冒頭で「僕」は「君」の8月の誕生日に、

半袖と長袖のシャツをプレゼントする。

「ずっと一緒にいられるように」っておまじないらしい。


今年は婚活にお熱だったものだから、

夏までにたくさんの出会いを重ねたけれど、

冬までつながっているものは1つもない。


こじらせ続けて来たのだから、

そんなに簡単に絡まった糸がほどけるわけはないな。


動けば動くほどに糸が増えるものだから、

より複雑に絡まってしまう。


一つずつ切ってしまうことが一番の近道、

真っ赤な最後の一本さえ残っていればいい。


それをたどればきっと、

「君」にたどり着くのだろう。


だけれども気が付かないうちに、

絡まっていた糸はほとんど無くなってしまった。


どうやらその中に「真っ赤なそれ」は無かったみたいだ。

残っているのはどす黒い感情に染まった、

「後悔」という関係の糸だけ、


また結び目を作っていくしかないのかな。

私の糸と誰かもわからない「君」の糸で、

 

初めから真っ赤なことはなさそうだ。


それが適切なタイミングを迎えると、

真っ赤に色を変えるのかな。


始めから赤ければわかりやすいのに、


「会った瞬間にこの人だって思った」


そういう話をよく聞くけれど、

そんなことは本当にあるのかな。


少なくとも私の予感は外れてばかりだ。


いつだって傷ついてばかり、

女性を見る目がないのだろう。


昔からやけに好かれる相手がたまにいる。

私にはわからないけれど向こうは私に何かを感じるのかな。


だから出会いの場には繰り出して、

見初めてくれた相手と一緒になるのが幸せなのかな。


なんだかおセンチで女々しいな。

だけれどもそれくらいが私らしいのかもしれない。

 

女々しくて、女々しくて、女々しくて、

つらいよ。