最近話題らしいワード「エシカル消費」とは?

f:id:tureture30:20200317061911j:image

 

DXやらSDGsやら、

シェアリングエコノミー、


そういう言葉と同列として記載されている、

見慣れないワードを見つけた。


エシカル消費


単に私の勉強不足かもしれないが、

初めて目にするワードだった。


簡単に調べると、

狭義での「フェアトレード


誰もが搾取されない、

そういう生産から流通、

そして消費を目指すというもの、


さらにはそこから先、

発展的に社会貢献を行う付加価値をもたらす。

そういうところまで目指すらしい。


要は「個々人が消費行動を変えていきましょうよ」ってこと、


あれだ。

流行りの「サステナブル」ってやつだ。


そこにいろんな形のアプローチがあるってこと、


少し値が張っても「フェアトレード」や「リユース」「リサイクル」を選んだり、

「送料無料」の先で搾取されている運送業者に目を向けたり、

残業代を搾取される「名ばかり管理職」という立場に抗議の声を挙げたり、

 

社会という枠組みがあると、

多くの場合はどこかにしわ寄せがいくもの、


「搾取」というと聞こえは悪いけれども、

それに近い構図はどこに世界にもある。


日本人はどちらかといえば、

そういう恩恵を享受する立場、


だけれどもにわかに、

いや徐々になのか、

社会貢献への希求って高まっている。


就活生の多くは、

企業がどういう社会貢献をしているか。

そういうものを気にするらしい。

 

その多くはパフォーマンスや税金対策だってわかるから、
社会人にかぶれてしまうと、

そんなことは大して気にもしなくなるのに、


「景気が悪い」といわれても、

それでも日本は物質的に豊かなのだ。

(もちろん世界の中で相対的にという意味で)


だから外に目を向ける余裕がある。

そして自分の行動の先にあるものにも目を向けるようになる。

そういうところで自尊感情を満たそうとする。


その気持ちはわかる気がする。

誰かの役に立ちたいのだ。


自分の存在価値が揺らぐほど、

人は優しくなれるのかな。


うまくいっているとどこか傲慢になってしまう。

知らず知らずのうちに傲慢になっている。

そしてどこからか取り返しがつかなくなる。


きっとそういうもの、


いつまでも謙虚で、

イライラすることがあっても、

やるべきことには支障を出さないようになりたい。


このままでは、

自分が嫌いになる一方だ。


このままだと、

自分がどうなりたいのかを見失ってしまうな。


エシカル消費


人のためのように見えるけれども、

結局は自分のため、


どこか満たされない自分自身を、

人の役に立つことで満たしたいのだ。


億万長者になると、

揃って慈善事業を始める。


経済だけではない。

人の心にも「神の見えざる手」が働く。


需要と供給というものは、

どうやら私が思う以上によくできているようだ。