緑黄色社会 『Mela!』の歌詞からあふれるセンス

f:id:tureture30:20210930064130j:image

 

始めて聞いたときはグループ名のほうばかり気になってあまり印象に残らなかったけれど、

何度か聞くたびにクセになってくる。

 

そんな曲だ。

 

まず『Mela!』というタイトルがすごい。

歌詞から察するに「メラメラと燃える」というところから取っているらしい。

 

一歩踏み出せない男女関係、

いや、友情か、師弟関係か。

 

いろんな解釈ができそうだ。

 

そこから一歩踏み出すための勇気をたぎらせるのは「今なんじゃない?」

なんともおしゃれな歌詞だ。

 

恋愛だと解釈するならば、

スキマスイッチガラナ』に似たテーマ、

 

少し前にミセスの『青と夏』を記事にしたけれど、

この手の「青春爆発」みたいな歌詞は好きだ。

それはおそらく私が「青春時代」に未練があるのだろう。

 

こと、恋愛に関しては、、、

それは長くなりそうだから置いておこう。

 

『Mela!』

 

「情報があふれかえる時代」

誰もが「わかった気になって」生きている。

 

「自分の荷物は自分で持つ」と意固地になっているうちに、

どんどん荷物は増えていく。

 

「自分でできる」って、

「自分でできなきゃいけない」って、

そうやってどんどん自分を追い込んでいく。

 

だから「荷物を預けてごらんよ」って、

その一言が大きな支えになる。

 

「僕は君のヒーロー」になりたい。

「君が僕のヒーロー」だから、

 

互いが互いを尊重しあう関係、

それをPOPに前面に押し出すような歌詞、

 

メロディもかっこいい。

 

「時代のニーズ」にスッと溶け込む曲だ。

だからこんなにも受け入れられるのだろう。

 

炭酸なのにのど越しよく、

ゴクゴクと飲めてしまう。

 

そんな大塚製薬の炭酸飲料「MATCH」のような曲だ。

 

 

youtu.be