50円玉と100円玉

f:id:tureture30:20200105095437j:image

 

キャッシュレスにお熱なものだから、

現金で支払う機会が減った。

そうなると現金で払わざるを得ない時に横着するようになる。


前はできるだけお釣りが少なくなるように支払っていたけれど、

それすら煩わしくなるのだ。


だから気がつくと財布は小銭だらけ、


「私も衰えたものだ」


重い財布を片手に、

引退を決意するアスリートのように、

なんだかそう思った。


この財布ではときめかない。

気持ちよくお金を払えるようにしないと、


「財布の乱れは心の乱れ」

誰かが行っていた気がする。

(こんまりさんじゃないのは確か)


「これはいかんな」と思って、

しばらく細かい支払いの時はキャッシュレスを封印、


なるべくお釣りを少なくする支払いを再開、

小銭をジャラジャラ探すことの煩わしさを改めて痛感する。


特にあいつとあいつだ


「50円玉と100円玉」


お前らは正面から見ないと瓜二つなんだよ!!


もなかの腹違いの兄弟が八つ橋らしいけれど、

お前らの関係は何やねん!!


カッコつけて長財布にしたくせに、

なるべく薄いやつがいいからって、

マチ(折り目がついていて膨らむところ)のないタイプを使っている。


キャッシュレスだし丁度いいかと思っていたけれど、

こういうときに困る。


「50円玉と100円玉」


大きさは少し違うけれど、

側面のギザギザだけでは判断しづらい。

100円玉だと思って出した50円玉のせいで会計が滞る。

結局足りなくて、

1000円札を出すようになる。

もうキャッシュレスでいいじゃん。


結局はそうなる。


放っておいた小銭貯金箱の使い道ができたな。


壊さないと中身が確認できないタイプのやつ、

随分前からあるけれどいくら溜まっているのかもわからない。


改めて思った。

便利って怖い。

どんどん衰える。


当たり前にしていたことがめんどくさくなる。

人は「便利」を手に入れると「不便」には戻れないのだな。

それって進化なのか退化なのかわからない。


「キャッシュレス」


どんどん進めたほうがいいと思うよ。

そのほうが世のため、店員さんのため、消費者のためだ。


世界はどんどん便利になっている。


それを感じさせるために、

未来を見越して50円玉と100円玉を似せて作ったのだとしたら、

日本も捨てたものではないのかもしれない。


そんなわけはないのだけれども、