Uruカバー『THE OVER』に見る、心に刺さるフレーズたち

f:id:tureture30:20211021083821j:image

 

「これは」と思う曲に出会った。

Uruさんのカバーで「UVERworld」の曲のようだ。

 

この曲は歌詞が心に刺さる。

原曲のPVを見ると「真実の愛を貫く」界隈の作品のようだ。

 

愛する人を守る力が足りない」

「だからあなたに捧げられるものはこの気持ちしかない」

「あなたがどんなに変わったとしても、自分の気持ちは変わらない」

 

そんな気持ちを歌い上げた曲だ。

 

「OVER」

 

あなたという存在があるから、私は「1人」を超えられる。

あなたという存在によって、より大きな力を発揮することができる。

あなたの存在そのものが「愛」だった。

 

元はロック調の曲をUruさんがしっとりと歌い上げる。

 

こういうのってやっぱり良い。

私はどこまで行っても「真実の愛を貫く」界隈から抜け出せないのだろう。

 

0.1%くらいの可能性か。

 

それでも、互いに心の底から惹かれ合う。

そんな相手と結ばれることを願い続けるのだろう。

 

私はどこかにたどり着くのだろうか。

このまま漂流し続けるのだろうか。

 

たどり着くべき岸があるといいのだけれども、

 

 

Uruカバー『THE OVER』

youtu.be