【プロ野球2021】ドラフト総括 ~12球団ランキングあり~

f:id:tureture30:20211011210847j:image

 

お疲れさまでした!

今年もやりますドラフト総括!

4年目になりました。

 

過去記事

tureture30.hatenadiary.jp

 

tureture30.hatenadiary.jp

 

tureture30.hatenadiary.jp

 

今年は荒れましたね。

隅田くんに4球団と予想外の偏り、

かと思いきや他の指名はかなり割れました。

 

予想の難しいドラフト、

今年は全く当たりませんでした。

 

詳しくは後述しますが、

スワローズの指名をザッと見ると「残念」の一言です。

 

もちろん指名された選手に非があるわけではありません。

単純に私のリサーチというか、

世間の下馬評からしたら高評価の選手を取れるのに取らなかったという点、

その1点での「残念」です。

 

1位の山下くんは申し分なし、

しかし申し訳ないけれども2位、3位についてはかなりの高値掴みかと、

 

廣畑選手、木村くん(北海高)と残る中で、

下位でも取れるであろう選手を先に指名した感が否めません。

 

ここ数年は下馬評通りの素直なドラフトをしていましたが、

今年は独自路線寄り、

過去にこれで暗黒時代を作ったのを忘れたのでしょうか。

 

2位で外野手の丸山くんに行くのはまだしも、

3位でほとんど実戦登板のない柴田選手を指名、

ちょっと理解できません。

 

もちろん、ドラフトは入ってみないとわかりません。

私の評価を見返してくれる活躍を期待しますが、

今年のドラフトは現時点ではあまり評価できないというのが正直なところです。

 

まずはスワローズの指名を確認します。

1位:山下 輝(法政大)

2位:丸山 和郁(明治大)

3位:柴田 大地(日本通運

4位:小森 航大郎(宇部工高)

5位:竹山 日向(享栄高)

育成1位:岩田 幸宏(信濃グランセローズ

 

 

1位:山下 輝(法政大)

 

隅田くんの外れではありますが、遜色ない左腕を指名できました。

トミージョン手術を経ていますのでヤクルト向きと言えます。。

MAX152kmの直球が持ち味で、今年に入ってからとんでもない投球をしている成長株です。

 

スケールの大きさは隅田くん以上、

将来性で見ればかなり良い指名だったのではないかと思います。

六大学ですから神宮のマウンドで結果を出しているのも吉、

カープの森下も六大学からでプロに入ってからも神宮を得意としていますからね。

魔境と呼ばれる神宮、

マウンドの相性は非常に大事です。

くじを外したものの文句なしの指名です。

 

2位:丸山 和郁(明治大)

外野手としての指名ですが、

大学では投手としても登板しているセンスあふれる選手、

強肩で俊足の外野手と、守備固めならば即戦力との評価、

私のリサーチでも「上位候補」には入っていましたが、2位とは!

 

昨年の2位:サニブラウンに勝った男・五十幡ほど話題性はなく、

チームの補強ポイントとしては外野手ならば左打よりも右打ちの大砲、

青木の後釜としての指名にしてもそこまで打の実績はなし、

下馬評を覆して大きく育ってほしいです。

 

3位:柴田 大地(日本通運

MAX156kmのストレートとスプリットが武器、

スケールの大きな投手です。

 

しかし実戦登板はほとんどなし、しかもリリーフ専門です。

直前には「隠し玉」との報道が出た選手です。

正直、指名を終えた後の6位でも行けたのではないか。

 

すごく面白い投手だと思いますが、

1位候補だった廣畑選手を指名できたにもかかわらずの指名、

彼は直後にロッテに指名されてしまいました。

下馬評を覆して大きく育ってほしいです。

 

4位:小森 航大郎(宇部工高)

全く名前を知りませんでした。

走攻守そろった瞬発力のある守備が売りのショートとのこと、

センスの光るショートを引っ張ることの多いスワローズ、

大きく育ってほしいです。

 

5位:竹山 日向(享栄高)

上位候補として評価の高かった投手、

この順位で指名できたのは大きいです。

MAX151kmのストレートが魅力の素材型、

 

癖のないテイクバックの小さい綺麗なフォームから、

気持ちのいいボールを投げ込みます。

持っているものは素晴らしく空振りを取れる球種を覚えれば化ける雰囲気もあります。

楽しみな投手、

 

育成1位:岩田 幸宏(信濃グランセローズ

俊足巧打の外野手、とにかく足が速いみたいです。

この枠は化けることがありますからね。

足のスペシャリストからの成り上がり、

活躍に期待です。

 

 

今年は首位の余裕からか5名+育成1名の指名にとどまりました。

これ自体は悪くないと思います。

しかし、即戦力の指名が少なかったように感じます。

 

今年は怪我がなかったものの、選手層の薄さは折り紙付きのスワローズ、

またも他球団の戦力外から獲得するのでしょうか。

今年は地味に終わったドラフトでした。

 

ともあれ指名された選手には全員入団していただき、

大きく育ってほしいです!

 

最後に12球団ランキングです。

完全に独断と偏見ですので悪しからず、

 

1.西武

昨年は一番下の順位にさせていただいたが、

今年は誰が評しても最高のドラフトと言える。

 

1位で4球団競合の隅田を指名、

2位では1位で競合も噂された佐藤と最高の指名、

3位で大学No1捕手の古賀、4位長身の楽しみな高校生羽田と会心の指名、

 

割と1番の目玉を当てた球団を1位にすることはなかったのですが、今年の西武は文句なしのドラフト覇者、

 

2.ソフトバンク

ここ最近は1位を外すと独自の高校生乱獲ドラフトを展開するも、

今年はオーソドックスな高評価ドラフト、

 

高校BIG3の1位風間は高校生にして157kmとスケールの大きい投手、

2位正木も1位候補の大学生外野手、

3位木村は私が前の記事で一押しの左腕、

第二の宮城となれる素材、

文句なしウハウハのドラフト、

 

3.日ハム

例年通りのミーハードラフトで下馬評の高い選手を乱獲、

「その年で1番の選手を指名」との方針にもかかわらず、

素材型の達を1位指名には驚いた。

2位有薗、4位阪口は楽しみな高校生野手、3位水野は即戦力内野手

5位に畔柳、7位で松浦、8位に北山とこれ以上ないほどのミーハードラフト、

下馬評通りの活躍ならば黄金時代を築けるか。

 

4.阪神

1位で高校BIG3の森木、

2位で1位評価もあった左腕の鈴木を指名、

3位でマイナーなリーグながら高評価の桐敷、

特筆すべきは4位で智弁学園の前川右京、

2位評価も多かった高校屈指のスラッガー

昨年の佐藤に続き中軸候補を指名、

成功ドラフト、

 

5.横浜

1位で競合した高校生No1投手の小園を指名、

これだけで万々歳もあとは小粒か。

ウェーバー最初の2位で徳山とは驚いた。

4位で高評価の三浦、6位で右の大砲・梶原、

ラミレス監督が変わっても例年通り独自路線、

 

6.広島

2度のくじを外すも1位の黒原は外れ1位評価、

2位の森も1位評価だった左腕、

評価の高い左腕を1,2位で指名、

4位田村は楽しみなスラッガー

昨年は投手に偏るも今年はバランスよく指名、

 

7.巨人

隅田を外すと外れ1位では直前に浮上した翁田を指名、

1位としては少々小粒か。

2位では1位評価もあった左腕山田、3位で大学生投手の赤星、

4位で石田、6位で代木と甲子園で活躍した楽しみな高校生投手を指名、

 

8.ヤクルト

上記の通り、悪くはないものの、

もう少し下馬評に沿った指名を期待したかった。

 

9.ロッテ

1位で小園とバッテリーを組む松川を単独指名、

まさかの指名には驚いた。

3位では即戦力としてNo1評価もあった廣畑を指名、

なんともうらやましい。

例年ドラフト巧者、今年は全体的に小粒な点が気になる。

 

10.中日

例年、ほれぼれするようなドラフトをする中日だが、

今年は外野手に偏った指名、

チーム事情によるものだと思うが下馬評からすればこの位置となる。

 

1位のブライトはスケールの大きな選手、

相思相愛で噂されていた指名、

2位でも指名が噂されていた外野手の鵜飼、

3位で独立のMAX155km石森を指名、

かなり攻めた形の指名となる。

 

11.オリックス

もともと1位評価の椋木を指名、

悪くはないが単独での入札は守りに入った形、

3位で大学生の高評価保守福永、

4位で渡部、5位で池田と外野のスラッガー候補、

下位で即戦力の社会人投手とまとまってはいるがかなり小粒な印象、

ドラフト巧者のオリックスなだけに入団後に評価は覆るか。

 

12.楽天

今年も独自路線、

評価をするならばこことなってしまう。

1位の吉野は高評価の高校生外野手、

だけれども1位かと言われると疑問、

その後も無名選手を立て続けに指名、

4位泰は化ければ面白い高校生投手、

 

 

評価させていただきましたが入ってみないとわからない!

最近破壊指名選手の活躍が目立ちますからね。

全ての指名選手にとって最高の門出とならんことを!