プチジャーナリズム

「お客様のモラルに問います」 人身事故現場に居合わせて、 ブルーシートの中の状況を撮影しようとする。 「国民全員がカメラマンだから、 どこで撮られているかわからない」 どこかで芸能人が言っていた。 情報の価値は高騰するばかり、 いや、かえって値崩…

スポーツの力

ラグビーW杯、 日本がスコットランドに勝利して、 史上初の決勝進出を決めた。 昨日の試合は、 まさに「壮絶」と言える試合、 両者が誇りをかけて激突した。 日本代表の韓国人として戦う具 智元選手、 国同士はいざこざが起きているけれども、 日の丸を背負…

人が死んで喜ぶ

本来はあってはならないことだ。 だけれども、 道徳よりも憎しみが勝ると、 そんなことはお構いなしに感情は爆発する。 それほど苦しめられたのだ。 「目の前からいなくなればいい」 それがどんな形だったとしても、 冷静に考えてみると、 そういう精神状態…

終わらない夏

10月にもなるのに暑い日が続いていた。 それもどうやら終わりを告げるみたい。 超大型の台風が接近している。 台風一過を最後に、 このまま夏を連れ去ってくれるのだろう。 今年の夏はとにかく苦しんだ。 夏らしいことはあまりしていない。 江ノ島に行く約束…

愛着障害

少し話題になっている本のテーマ、 前に記事にしたキルケゴール『死に至る病』の現代版とのこと、 キルケゴールは死に至る病を「絶望」としたが、 この精神科医である著者は「愛着障害」とした。 「愛着障害」 自分や他人のことをうまく愛せないということら…

反芻思考が止まらない

『だ・れ・か ロマンティックと・め・て 胸が~、胸が~、苦しくな、苦しくなる~』 それならばまだいいのだけれども、 ロマンティックではなくて、 反芻思考が止まらないのだ。 『「反芻思考」とは、 何度もネガティブな出来事を思い出し、 悩み続けて抑う…

結婚していないんです

あまりにも自然に、 さも私が結婚しているかのように問いかけられる。 「ますをさん、お子さんは?」 「奥さんとは仲がいいのですか?」 「これ、奥様にどうですか?」 そのたびに、 「結婚していないんです」 若干気まずい雰囲気が流れる。 ご期待に添えず…

日本の少子化と婚活を通して感じたこと

社会保障を手厚くだとか、 子育てしやすい社会だとか、 政治はそういうことばかりに目を向けるけれど、 それよりも前に問題がある。 単純に「ボーイミーツガール」 結婚につながるような出会いが減っている。 否、「リアリストが増えて結婚に妥協しなくなっ…

意地で結婚しようとしている人

後輩の話、 最近は月に1度くらいしか会っていない。 お互いに気持ちがあるのかもわからない。 決断を急かすと彼女のほうが癇癪を起こす。 そんな状況なのだけれども、 お互いがお年頃だし、 始まりは結婚前提のお付き合いだったから、 とりあえずは両家に挨…

自分の内側を表現することに疲れてしまった

昨日の記事は、 夜中にふと目が覚めて久々に言葉が出てきた。 だけれどもここ最近の記事は、 私に起きている客観的事実や、 私の外側のことばかりを題材にしている。 内面にばかり向き合っていても、 あまり言葉が出てこないのだ。 興味のあることに目を向け…

たまらなく惨めな気持ちになる

「惜しいことをしたな」 婚活の最後にお会いした方からは、 最後の最後で好意を伝えられたものだから、 その気持ちを受け止めてみれば良かったなって、 そんな気持ちになることがある。 結局、2ヵ月で10人と会うほどにがむしゃらに動いた結果、 誰とも結ばれ…

軽減税率とキャッシュレス化に思うこと

消費税が上がったから、 久々に時事問題を取り上げる。 なんだかキャッシュレスにしないと損するような空気、 もともとSuicaを使っていたけれどPayPayまで始めることに、 ローソンで買い物をしてみると、 確かに割引されていた。 600円くらいの買い物をして…

夢と現実の区別がつかない夜

嫌な夢を見た。 立っていることすらやっとの状態で、 頭を支えることもできない。 フラフラでグラグラ、 それでもお構いなしに仕事がどんどん降り掛かってくる。 夜中に目が覚めて、 重い頭を起こしてトイレにいく。 だけれども頭の中が騒がしく、 夢の内容…

ドラマ『凪のお暇』

『凪のお暇』 少し前に終わってしまったけれど、 色々と考えさせられたドラマ、 社会ってどんなところでも、 少なからず同調圧力というものがある。 それぞれの立場があって、 それぞれのキャラクターがあって、 そこから少しでもはみ出ると浮いてしまう。 …

ゴールド・ロジャーの懸賞金

これは大ニュース、 今週のONEPIECEはサービス精神旺盛でした。 ゴールド・ロジャーの懸賞金が公表されましたね。 しかも四皇と白ひげまで出すというおまけ付き、 まさか一気にこういう形で出るとは思わなかったので驚きました。 サービスが過ぎます。 もう…

ねじまき鳥クロニクル

村上春樹氏の長編小説、 理由もわからずに突然、妻が消えてしまった。 そして他に男がいると別れを切り出される。 主人公は自分の「欠陥」と向き合うことになる。 物語の流れは『騎士団長殺し』と同じ、 設定も似ているところが多く、 後年に書かれた『騎士…

2019シーズン最終戦

ヤクルト2x-1巨人 現地に行ってきました! そして勝ちました! しかも、 山口に7回までノーヒットと完全に負けの流れから 太田賢吾のサヨナラ打! 小川から高橋、 ライアンからヘイアンへのリレー、 投手陣が踏ん張りました。 廣岡が攻守に躍動してくれまし…

2019東京ヤクルトスワローズの弱さについて

シーズンはあらかた終了して、 今日でスワローズは全ての日程が終わる。 随分と前に最下位は決定している。 それもダントツだ。 今年のスワローズは本当に弱い。 勝てる試合をいくつ落としたのかわからない。 中継ぎが打ち込まれての逆転負けばかり、 さらに…

ラグビーW杯

完全なミーハーだけれども、 ラグビーが面白い。 前大会の日本の快進撃は1試合も見ていない。 興味を持ったのは、 ドラマ『ノーサイド・ゲーム』から、 「何でわざわざこんなことをするんだろう?」 プレーを見ているとそう感じることが多いが、 ルールで固…

原因不明の体調不良

しばらくは婚活を休んで大人しくして、 ジムで軽くトレーニングを再開できるくらいには良くなった。 だけれども、 生活に支障があるほどではないが、 下腹部の鈍痛と痺れが続く。 脳神経、脊椎に検便まで、 色々と検査はしたけれども、 どこにも異常はないと…

心が繋がっていることを確かめるために

心が繋がっていると思っても、 なかなかそれを信じることができないから、 それを確かめるための術が必要、 それが「言葉」ってやつ、 心が繋がっていなければ、 よそよそしいだとか、 事務的だとか、 目が合わないだとか、 態度を見れば一発でわかる。 そう…

若者が会社に定着しないわけ

入社前から自分の土地を持っているから、 SNSをはじめ、簡単に情報を手に入れられる時代、 「情報」はいくらでも手に入るし、 「つながり」は個人でいくらでも広げることができる。 入社前から社会を知っているのだ。 その「自分の考え方」という土地を持っ…

秋の夜長に・・・

秋分、 だいぶ日は短くなった。 夜が幅を利かせてくるのだ。 丸くて大きい月を主役にして、 星たちはここぞとばかりに躍動する。 そんな輝きに包まれて、 心を寄せる人と一夜を過ごせたならば、 どんなに素敵なことだろう。 「スターライトパレード」 月から…

世界のほうに変化を求める

退屈な毎日を送っていると、 「なにか面白いことがないかな」 そんな考えが頭を支配するようになる。 「なにか面白いこと」 自分は受け身なくせに、 世界に変化を求めるのだ。 面白くなければ夢中になれることを探せばいい。 見つからなければ、 夢中になれ…

芝生にシートを敷いて雲でも眺めながらボーッと寝そべりたい

何にもしなくないな。 何も考えない。 そういう時間を設けたい。 理想やら効率やら、 そういうものたちに駆り立てられて、 「常に成長しないと」 「毎日前に進まないと」 そうやって心をすり減らして、 そういうことに疲れてしまった。 自分がやりたいことっ…

不幸の定義

ただ口を開けて、 誰かが餌を与えてくれるのを待っている。 「幸せになりたい」 そう願っているだけで、 誰かが幸せを与えてくれると信じている。 その誰かに、 奇跡的に巡り会えたところで、 それを受け取る勇気すらない。 もはやお手上げだ。 「本当に幸せ…

幸せの定義

「幸せは人と比べるものではない」って言うけれど、 じゃあ何なのさ。 モーニングコーヒーを片手に君はそう言った。 「人それぞれ」 そういうことじゃないかな。 パンに乗せたハムエッグが零れそうになるのを不格好に支えながら、 僕は自信なさげにつぶやく…

掲げた理想の取り扱い方

自分がそれを信じて、 それに向けて邁進することはよし、 人にそれを話して理解を求めるまではよし、 だけれども人にそれを強要する。 それでは独善的なだけ、 そうなってしまったら、 どんなに素晴らしい理想だとしても、 それ自体が色あせてしまう。 「理…

自分で何でも決めたがる

私のブログを長いこと読んでくださっている方ならば、 きっと同じ感想を持つかと思うが、 当ブログは「自分」というものに焦点を当てている。 テーマは、 「自分と世界との関わり方」 自分がどうするか。 自分がどうしたいのか。 自分が何を目指しているのか…

課題を解決するために生きている

生きていれば色々ある。 そのたびに努力して乗り越えて、 そうやって人生を紡いでいく。 「より良く生きたい」 「今より幸せになりたい」 そう掲げるのは結構なこと、 だけれどもそればかりが目的になって、 「上へ上へ」って、 「前に前に」って、 なんだか…