「好き」ほど不確かなものはないけれど「嫌い」ほど確かなものはない

「好き」が「嫌い」に変わるのは簡単だ。 だけれどもその逆は簡単ではない。 人は脅威に対しては身構える。 だから一度「存在を脅かすもの」 そう認識してしまうと、 その評価を覆すには余程のことが必要、 「好き」 その感情の根っこにあるもの、 「居心地…

老後にばかりお金を使っている

私はだいぶ堅実な生活をしている。 少なくとも経済的には、 先のことばかり考えているのかな。 いつまで生きているのかもわからないのにね。 アプリで家計簿をつけながら、 クレジットの明細なんかとにらめっこして、 普段はあまりお金のかからない生活をし…

映画『3月のライオン』前・後編を見た

藤井聡太七段の躍進が話題になっている。 「天才棋士」 そう呼ばれる裏にある苦悩、 そんなものを薄暗くかつ鮮やかに描いている。 そのコントラストは見事だ。 「苦悩を突き抜けて歓喜に至れ」 ベートーヴェンの生涯を表す名言、 そんな印象の作品だった。 …

だから僕はPayPayをやめた、いや、やめそう

3月までは結構なヘビーユーザーとして使っていた。 だけれども、ふと履歴を見てみると、 4月,5月は決済が一度もなかった。 もちろん自粛で外食をしなかったこともある。 だけれども、 一番大きな原因は先日記事にしたこれ、 tureture30.hatenadiary.jp 還元…

7月からのコンビニレジ袋有料化について思うこと

すでに有料化をしている店が増えているけれど、 7月からはコンビニ大手3社も有料化するらしい。 「環境に対する配慮」という形で、 国の方針を機にするとのことだ。 基準をクリアしたレジ袋を使用するので、 本来であれば有料化しなくても良いそうなのだけれ…

眠れない夜を乗り越えた数だけ強くなれる

「ポジティブな言葉が湧いてくる」 なぜだろう。 今の私がそうだ。 先日ふと勃発した眠れない夜、 そいつを乗り越えたからか。 「眠れない夜を乗り越えた数だけ強くなれる」 「涙の数だけ」とほぼ同義だろうけれど、 私はそう思っている。 だから眠れない夜…

ブログ継続更新日数を確認する方法

先日書いた記事が反響を呼んでいるみたいで、 色々な方に言及していただきました。 tureture30.hatenadiary.jp のムのムさん(id:tukkoman)に気になるブクマコメを頂いていたので調べてみました。 すると、 確かに確認することができました。 手順 PCモードの…

数字依存症

数字の積み重ねには魔力がある。 それを基準にして、 人は前に進んでいる気になれるのだ。 ここ最近は、 数字ばかりにこだわっているような気がする。 自分の生活を管理しすぎて窮屈に感じることがある。 確かに「可視化」によるメリットは少なくない。 だけ…

男女のことは当事者にしかわからない

「恋愛感情」ってやつは厄介なものだから、 いともたやすく不合理を受け入れる理由になる。 こんな記事を見た。 仕事をやめてパチプロになる夫、 うつになってまでそれを支える妻、 とても良かった夫婦仲に亀裂が入る。 それでも妻は別れる気はないという。 …

ブログ継続更新日数が消えている

6月からでしょうか。 私の目につく範囲では誰も触れていないので、 気がつかなかったのですが、 いつからかプロフィール画面の「継続更新日数」が消えています。 私だけかと思い、 他の方のものを確認しましたが、 同じように消えていました。 仕様変更とい…

心のリハビリ

自粛、自粛って、 ぬるま湯にばかり浸かっていたものだから、 心を動かすためのリハビリが必要だ。 急に大きく動かすとその反動で、 一日を終えてから家の扉を閉じた途端に、 ドッと疲れが押し寄せてくる。 少しずつ、少しずつ、 ほんの少しずつでいい。 疲…

「好きにしていいよ」って、これ以上ないくらいの信頼の言葉

仕事を任されるときの「好きにしていいよ」 「こいつに任せればうまくやってくれる」 そんな信頼の証だ。 「自分の将来は自分で決める 」 そんな啖呵を切った後にかけられる、 親からの「好きにしていいよ」 「もうこの子は一人でもやっていけるな」 そんな…

私とジブリ作品

少なくともDVD化されたジブリ作品はすべて見ている。 そして私の理想の女性像は「風の谷のあの人」だ。 そう伝えると、 「私の理想の男性像はパズーなの」って、 そう返してくれた女性がいたな。 とても素敵な返しだった。 自然と連絡は途切れてしまったけれ…

「テレワーク」の存続を求める

あくまでも暫定的な措置、 そうして「テレワーク」が終わる。 多くの方はそういう状態だろう。 人は「便利」に慣れてしまうと、 元には戻れなくなる。 それは歴史が証明してきたこと、 テレビ4K時代の今に、 ブラウン管のテレビを見てみると、 とてもじゃな…

DVDが出たので2019年No.1の話題作、映画『天気の子』を見た

「あいたたたたー。やってしまったな」 一言で書くならば、そういう感想だ。 新海誠監督の作品は、 自主制作の短編『ほしのこえ』を含めて、 世に出たほとんど全ての作品を見ている。 新海誠監督は間違いなく天才だ。 私はそう思っている。 「映像も構成も演…

「怒る姿が想像できない」って言われるけれど

「すぐに怒る人」 感情のコントロールが下手くそだからだとか、怒ることで自らの存在を示したがるだとか、そんなところだろうか。 怒りたいけれど「怒れない人」ってのもいるかもしれない。 きっと「自己犠牲的」もしくは「臆病」そういう気質なのだろう。 …

アニメ『銀の匙 Silver Spoon』全22話を見た

先日記事にした、 『鋼の錬金術師』を書いた荒川弘さんの作品、 原作は少年サンデーで連載され、 長期の休載を経て昨年末に完結した。 アニメの方は原作の一部のみを描いている。 実写映画化までされている。 テーマは「命の尊さ」 青春の甘酸っぱさと相まっ…

「テラスハウス事件」に思う。プライベートを切り売りするということ

「あいのり」は見ていたが、 「テラスハウス」は見ていない。 ネットで少し調べた程度なのだが、 「テラスハウス」に出演していた女性が、 誹謗中傷を苦にして命を絶ったという。 「プライベートを切り売りする」 ブログだってそういう面がある。 プライベー…

既婚の友人から結婚相談所の情報が送られてきた話

急にLINEで送られてきた。 テレビでやっていたそうだ。 とりあえず返しておいた。 「ありがとう」って、 確かにそういう話はしたけどさ。 地味に傷つく。 もちろん好意でしてくれたことはわかっている。 だけれども、 もう「相談所行かないと無理だよ」って…

帰属意識が薄れていく。「アフターコロナ」の働き方はどう変わるのか

「自分は何かの一員」 そういう気持ちが心の支えになることは少なくない。 どこかに毎日通って、 決まった人と一緒に決まった時間を過ごす。 ルーティンってやつ、 それだけで「帰属意識」は満たされるのだ。 だけれども生活が大きく変わって、 自宅から出る…

パニック障害を発病して丸4年が経った

ちょうど一年前に書いた記事、 tureture30.hatenadiary.jp この記事を書くことがブログを書く目的の一つだったように思う。 それくらい私にとっては大きかった記事だ。 4年、 こうして私はいつまでカウントを続けるのだろう。 この経験、 そのエッセンスは手…

映画史に残る問題作『ファイト・クラブ』を見た

「理想の自分」と「現実の自分」 人生の大半はそのギャップに苦しむ期間だ。 1999年に公開された問題作、 公開当初は決して話題だったわけではない。 DVD化されてから徐々に口コミで広がって熱狂的な支持を得たらしい。 「人生で一番影響を受けた映画」 その…

「ラベル」が付いていないと不安になる

「30代童貞こじらせ男」 私は私にそういうラベルを付けた。 ポジティブな要素など何一つないけれど、 インパクトだけはある。 そのラベルに興味を持ってかわからないけれど、 たくさんの読者様にブログを見ていただいている。 本当にありがたいことだ。 私は…

人生、先に進みすぎると生きる気力がなくなってしまう

「生きる力」というものは、 個によって大きく差の出るものなのだろうか。 ずいぶん昔に記事にした、 「抑うつリアリズム理論」ってやつ、 tureture30.hatenadiary.jp もう2年近く前のものだ。 その時の私は「知るか」と一蹴している。 だけれども、 生まれ…

アニメ『鋼の錬金術師』全64話を見た

ずいぶん前に原作は一通り読んでいるから、 「あー、こんな感じだったか」って思いながらも、 改めてよくできた作品だと感服した。 テーマは「命の使い方」 亡くなった母親を生き返らせるために、 錬金術の禁忌である「人体錬成」を行った兄弟の物語、 結局…

「命を守ること」ばかり叫ばれているけどさ

命は大事なものだ。 それは疑いようのないこと、 だけれども、 「命を先延ばしすること」ばかりに躍起になって、 「命の使い方」にはほとんど言及しない。 「使命感」 そんな一言で言い表せるものではないのかもしれない。 リスクに身をさらして、 それでも…

違和感に敏感になるということ

何気ない日常における違和感、 それに気が付くことで視野が広がる。 そういう癖をつけることが大事、 そこからビジネスチャンスが広がるという。 そういう記事を読んで、 「なるほど」と思うと同時に、 それにも「違和感」を感じた。 敏感になりすぎると、 …

私が「ポルノ断ち」をしている理由

※男性向けご容赦 映像コンテンツの充実するこの時期に、 時間を持て余すことの増えたこの時期に、 敢えて私は決意した。 1か月くらいになるだろうか。 「ポルノ断ち」を続けている。 アーティストの方ではない。 本家本元の「ポルノグラフィティ」を見ないこ…

「ソーシャルディスタンス」っていうけどさ

いつもより時間があるものだから、 人の揚げ足を取ることばかりに夢中になっている、 そんな人がいる。 かたや、 不安なものだからその感情を共有するために、 世の中には応援の言葉があふれている。 この二つは真反対のように見えるけれども、 動機は大して…

創作意欲の源泉となるもの

ここ最近は言葉が出てこない。 理由ははっきりしていて「触発がないから」だ。 人とは触れない。 自然とも触れない。 感情は動かない。 だから言葉が出てこない。 それって私のブログにとっては、 割と致命的なこと、 私から出てきた言葉を紡いでここまでや…